それぞれの vol.番号をクリックして、ご感想をお寄せ下さい。

皆様のコメントもご覧になれます。

2017年

4月

08日

アートコラム・空 vol.30

今日の一枚   ー 春風の夢 ー

立ち止まりながらもいつのまにか進む春。

気がつくと また優しい色を運んできました。

 

 

0 コメント

2017年

2月

10日

アートコラム・空 vol.29

今日の一枚  ー 万葉舞花 (まんようまいか)  ー

 

万葉の時代の女性を想像したとき、まず 自由 という言葉が浮かんできました。

自然や宇宙とのつながりを残していた時代、

特に女性は神秘のエネルギーを宿し、輝いていたように思えます。

その力強さ、美しさをこの一枚に描きました。

女性と女神の中間のような不思議な存在です。

 

3 コメント

2016年

9月

25日

アートコラム・空 vol.28

今日の一枚   ー 花言葉 ー

 

 

今日は、この作品「花言葉」を見た、小学4年生の子どもたちの言葉を紹介します。

 

「作品に描かれているのはどんな場面だろう?

そんな問いに、10歳のかわいらしい想像力で答えてくれました。

唐津市長松小学校の皆さん、菊池先生、ありがとう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

☆ひまわりが大きくなって、3人の子どもたちが小さくなって、ひまわりを登って行ってぼうけんしている場面。ひまわりをひみつきちにして遊んでいる様子。

 

☆私は、こびとが、ひまわりの花といっしょにお話をしていると思います。なぜそう思うかというと、みんなひまわりのほうを向いているからです。他にかくれんぼをしているようにも見えました。なぜかというと1人だけ、ちがうところにいて、その人がおにで、2人がなかよくどこかにかくれるそうだんをしているように思ったからです。

 

☆かくれんぼをしているようです。1人ずつ葉に乗ったり、ひまわりの上にかくれていたりする様子で、風が来て、ひまわりの葉に乗ってつかんだり、ひまわりをつかんだりしている様子だと思いました。

 

☆こびとたちが、ひまわりの所でかくれんぼをしていると思いました。目がキラキラかがやいているのは、おにがいつまでたっても来ないので、「まだかな、早くしてよ。」と言っているみたいです。

 

☆小人たちが、ひまわりに乗って町を見ている。大きくなりたいと思っている。

 

☆風ですずしそうで気持ちよさそうな場面。3にんきょうだいが旅をしているところ。

 

☆夏の日、ひまだった3人の小人がひまわりの上でおしゃべりをしていたら、風がふいてきました。小人のふくは、うすかったのでヒラヒラゆれていました。

 

☆みんなが、ひとつのところに注目していて何もしゃべっていない。毎日同じ場所で同じものを見ているから、人が来ても気づかないと思う。

 

☆風がふいてきて、ヒマワリの花がちったり、男の子の服がふくらんだりしている場面。

 

☆小人が何かをさがしていると思いました。人にみつからないように、ひまわりの葉っぱの中から、何かをさがしていると思いました。

 

☆あるところに小人が3人いました。その小人は小さくていつもひまわりに乗って遊んでいま

す。

 

☆子どもたちが何かを見て、あれなんだろうと思って、おそるおそる言っている。

 

☆ようすも見ながら、人がこないか見ている。

 

☆3人の小人がいっしょのほうこうをむいているので、苦手なネコからかくれているのかなと思う。そして後ろのほうから風がきているのがすずしそうです。ながそでの子もいるけど、はんそでの子もいるし、夏かな。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

2016年

7月

14日

アートコラム・空 vol.27

今日の一枚   ー てるてる坊主 ー

 

雨降りが好きなわけではないけれど

洗われて美しいと思う季節です

 

 

雲の切れ間に射す光のような人を思い浮かべて描きました

1 コメント

2016年

1月

26日

アートコラム・空 vol.26

  今日の一枚   ー 童の小倉祇園太鼓 ー

 

小倉と聞いてまず思い浮かぶのが小倉祇園太鼓です。

 

祭りの太鼓は各地にありますが、小倉祇園太鼓には格別の魅力があります。

小倉の人々の誇りや心意気、家族愛までが形となって現れているようです。

対で打ち合う中にも、絆や互いへの敬意を感じます。

私が大切にしている日本的な情緒です。

 

背景に描いたのは凌霄花。この花の赤は命の色です。

燃えるような夏の花に小倉祇園太鼓のイメージを重ねました。

 

純粋な童たちの魂が、玄界灘の情熱の響きを力強く未来へと繋いでいって欲しい、そんな想いを込めた作品です。   

 

1 コメント

2015年

8月

11日

アートコラム・空  vol.25

 今日の一枚 ー 心音 故郷の空 ー


現代の画家として、新しい地獄絵に挑みたい、そしてその「心」を伝えたい、そう思い「地獄心音図」5点を描きました。


伝統の地獄絵には地獄と共に極楽が描かれています。

時に「なぜ 極楽を描かないのか。未完成なのではないか。」

と問われます。


地獄心音図5点の完成後、「心音 夢の音色」を描き、続いてこの「心音 故郷の空」。

これらの作品は、地獄心音図に続く一連のものです。

なぜなら、

私の思う天国とは今生きているこの世界そのものだからです。


その中でも子供たちが笑い、駆け回る故郷の景色、それこそが天国そのものだと思います。


地獄心音図を描き終えて、ひとつ前に進んだ気がします。


その心で捉えた晴れやかに広がる故郷 佐賀の景色です。


1 コメント

2014年

12月

12日

アートコラム・空 vol.24

今日の一枚 ー 木枯らしの頃 ー



木枯らしの中、互いを思いやりながら生きている姉妹の姿を描きました。
厳しい季節、一生懸命生きる健気さ。
姉は妹をいたわり、妹は姉を気遣う、愛の美しさ。

 

妹の小さい握りこぶしで繋がるふたりの間には温かいものが流れています。
風に立ち向かう二人の力強さに生命の輝きを表したいと筆を執りました。
私自身も大好きな作品のひとつです。

 

空には明日の希望へとつながる夕焼け雲が流れています。

 

 

22 コメント

2014年

10月

23日

アートコラム 空 vol.23

  今日の一枚  ー 里の実り ー


寒さへと向かう ほんのひととき

里はゆたかな実りにあふれます


柿はイチジクの次に好きな秋の果物


鮮やかな赤にも惹かれ

この季節になると描きたくなる景色です


1 コメント

2014年

5月

24日

アートコラム・空 vol.22

今日の一枚  ー 故郷の花 ー

 

梅雨の予感の雨が続き 五月の日差しが名残惜しい

 

気がつくと

真新しい黄緑の花がいっぱいに広がっている

時を待つ紫陽花

小さな楽しみを運んで来る

 

水玉を転がしながら

深く淡く澄んだ色に染まり始める

 

空を見上げ雨宿りする傍らに揺れていた

濡れまいと駆ける道沿いに滲んでいた

 

遠い日の故郷の花

 

ずっと描き続けて

未だに描き切れていない

3 コメント

2014年

3月

15日

アートコラム・空 vol.21

  今日の一枚    ー 花童 ー

 

日本の春は短すぎず でも気付くと通り過ぎている

待ちわびた季節は心躍る

けれど立ち止まってはくれない

だからまた待ちわびる

 

競い咲くあまたの花たちが

一瞬の生命を輝かせ移ろって行く

立ち止まらないから美しい

 

集いつつ 違う春を感じている童たち

つぎに巡り来る春にはそれぞれ何をしているだろう

 

 

 

 

 

1 コメント

2013年

12月

21日

アートコラム・空 vol.20

 今日の一枚   ー ひだまり ー

 

 

寒い朝、色を無くした風景、

見渡す限りを塗りつくした雪に心が躍ります。

 

しかし、ふるさとの雪は

「雪化粧」の言葉が似合う淡い雪景色。

ひだまりから静かに姿を消して行きます。

 

雪はどんなふうに溶けて行っただろう・・

なぜか思い出せません。

 

ただ、ひだまりのぬくもりだけが心に浮かびました。

 

 

 

 

 

16 コメント

2013年

9月

29日

アートコラム・空 vol.19

今日の一枚  ー 秋あかね ー

 

 

10代で唐津を後にしました。

心の中では、ふるさとの四季は変わらず巡りゆきます。

秋あかねが野原に誘う秋、

優しい中にふと物悲しさを覚える大好きな季節です。

 

 

 

 

 

 

 

 

1 コメント

2013年

7月

17日

アートコラム・空 vol.18

 今日の一枚   ー みのり ー

 

こたつに駆け込み、かじかんだ手を暖めて 皮をむいた

小さい袋が付いていると おまけをもらったように嬉しかった

学校帰り、畑からひとつだけ、と失敬して こっぴどく叱られた

こどものころ みかんは秋から冬にかけてのごちそうだった

 

おとなになって 気軽な食べ物になった

テーブルのカゴには 当たり前のように山盛りのみかん

 

ちかごろまた、みかんはごちそうになった

ふるさとから届く 季節外れの果実

こたつどころか、暑い日差しの中、冷やしたみかんをいただく贅沢

 

初夏のみかんの、はちきれんばかりの瑞々しさに

少女のはじける笑顔を思い浮かべる

 

 

 

 

 

 

 

2 コメント

2013年

5月

08日

アートコラム・空 vol.17

今日の一枚   ー 明るい方へ ー

 

金子みすゞとの出会いは衝撃でした。


優しさと悲しみ、光と影、夢と幻、神と宇宙などなどが蜘蛛の糸のようにからみ合っていました。

川底の小石に触れようとすると不思議なめまいを感じるように、みすゞの詩には何かが揺らめいています。

その何かを私が描けるかどうか自信もなく恐れもありました。

 

最初に「大漁」に挑みました。みすゞの代表作であり私は感じるままに筆を走らせました。しかしその何かは描けませんでした。

こんなはずではないという焦りと絵描きとしての自尊心もあり、次々と挑んでいきました。

 

私の日常生活は金子みすゞ一筋になりました。

そして開き直りも手伝ってその何かを私の心の中に棲む何かと同化させました。

 

たとえば「明るい方へ」は童話のおやゆび姫を思いながら空想の世界を作りました。そのうち少しずつみすゞの何かが見えてきました。

みすゞの小さきもの、弱きものへの限りなくあたたかいまなざしが、生命の尊厳、生きるものへの慈しみを教えてくれました。草も虫も、そして人もすべて等しくいとしいものだということを・・・。

そして、すべての生命は、明るい方へ、明るい方へと向かっていくのです。

 

彼女の詩の世界と私の作品が共鳴し、命や自然のことを考えていただければ幸いです。

 

 

 

 


 

0 コメント

2013年

2月

27日

アートコラム空 vol.16

今日の一枚   ー 花の夢 ー

 

「花の夢」は、文藝春秋の目次絵として描いた作品です。

「花の夢 男の子」「花の夢 女の子」の二つの絵が、

ページをまたいで、ひとつに繋がっています。

 

未知の世界への好奇心と憧れを二人のまなざしに込めました。

 



 





1 コメント

2013年

1月

22日

アートコラム・空 vol.15

今日の一枚   ー 獅子舞 ー

いつもの生活とどこかちがう年明け

 

宮参り、凧揚げ、ごちそう、

心弾むひとときに、特別な印象を残すもの

 

怖くて美しい獅子舞は、とても大きく見えました

その力強さは憧れでもありました


思い出の中で、友だちと一緒に立ち向かいます

 

 

 

 

 

17 コメント

2012年

10月

29日

アートコラム・空 vol.14

今日の一枚  ー 唐津くんち ー

清水寺奉納の襖絵に、「いのち」を描きました。 

その直後、がんが見つかり手術し、再び「生きること」に向き合いました。 

一日、一分、一秒、今を生きている事に対しての感謝を教わったのです。

 

新しい絵を描きたい、そう思いました。

根底に流れるテーマはこれまでと同じ「いのち」ですが、もっと前向きな生命力のようなもの、その中に強さを秘めた力強い絵です。

日本各地に伝わる伝承、文化などには強い力といのちが宿っています。

その具体的なもののひとつが「祭り」てす。

長い時を超えて受け継がれている祭りには、とても深いものが込められていると感じます。

第一作として、「唐津くんち」を描きました。

 あらたな挑戦と、変わらぬふるさとへの想いがひとつになって、観る人に新鮮な何かを感じていただければ幸いです。                               

 

30 コメント

2012年

9月

03日

アートコラム・空 vol.13

今日の一枚  ー 笛の音 ー

 

唐津の代表的な祭りである「唐津くんち」は、

私にとっても故郷のイメージの代表です。

 

祭りに胸躍る想いを、唐津の海と共に描きました。
玄界灘の力強さに負けないような唐津の人々の心意気、

そして人情が笛の音にこもっています。

1 コメント

2012年

7月

02日

アートコラム・空 vol.12

  ー 夏少女 ー


ひまわりは最近まで描けなかった。

ひまわりのように輝いて明るい人たちに対してどうも近寄りがたかった。


でもやっと分かった。


ひまわりみたいに輝く人、

どんなにお金がある人、

どんなに恵まれている人、

その人の中にもやっぱり大変なことがあるんだと。

それが人間だから。

 


1 コメント

2012年

5月

01日

アートコラム・空 vol.11

今日の一枚・・・虹

 

夢、希望、そしてあふれる生命、それが故郷
刻々と移ろう自然の営みのように
笑って泣いて明日へと進む
故郷の空に架かるは、深く慈しみに満ちた宇宙からの優しい言葉

 

唐津市「虹と海のホスピタル

一階ロビーは高い天井の明るい空間

そこに「虹」は飾られています

訪れる方達を優しく迎えるお手伝いができたら、と心込めて描きました

 


2 コメント

2012年

4月

01日

アートコラム・空 vol.10

今日の一枚・・・春一番

春一番はもっと早い季節の言葉。

 

今年の春は梅と桜が入り乱れて咲き、

もう4月という日に、春一番のような嵐が吹いた。

 

長かった冬にせかされて、

今年は忙しい春になったようだ。

 

アトリエの周りの桜も満開となり心弾む。

 

あっと言う間に夏になってしまいそうな短い春を

一日一日と慈しむ。

 

 

 

 

1 コメント

2012年

2月

14日

アートコラム・空 vol.9

     今日の一枚  ー 菜の花畑 ー

巡り来る春

繰り返していても 毎年変わって行きます。

 

景色を見る私の気持ちでも姿を変えて行きます。

 

今、私のアトリエの近くは、満開の菜の花が早い春を告げています。

その優しい黄色は、童の弾む心のようです。

 

18 コメント

2011年

12月

25日

アートコラム・空 vol.8

今日の一枚・・・ 「新しい風」

 

 

私の心を一番揺さぶる大切なもの
美しい四季とそこにある笑顔

三月のあの日

失われた故郷の景色に立ち尽くす人々

灰色の焦りが育って行く

何か

何か出来ないか

無力な自分に苛立った

 


けれど描くことしか出来ない

 
描きたい

 
心の中に残る故郷を そこに駆け回る子供たちを

 
蘇る日を信じて、小さな想いを込めて描く

 
厳しかった被災地にも新しい風が吹く事を祈って

 

 


1 コメント

2011年

11月

29日

アートコラム空 vol.7

    ー 初雪 ー

降り積もる雪には、その中で寄り添うぬくもりがあります。

 

暖かくなって雪は少なくなってきたかもしれないけれど、

木枯らしを頬に感じるとき、

私の心にあるふるさとには静かに優しい初雪が舞い降ります。

 

3 コメント

2011年

10月

11日

アートコラム・空 vol.6

今日の一枚・・・ 「天空の音色」

平成22年、清水寺成就院に46枚の襖絵を奉納しました。

訪れる人を最初に迎える第一室、

そこに「かぐや姫」を描きました。

 

日本で最も古くから語り継がれるお話。

永遠に古くなることのない、壮大なスケールの物語です。

 

これは襖絵の流れで描き上げた、シリーズの一枚です。

 

月へと帰るかぐや姫に、琵琶や琴を奏でながら付き添う天女達。

華やかですが悲しい別れのひとときです。

 

しかし別れは悲しみだけではありません。

それは新しい出会いへの希望でもあります。

 

銀色の月を眺めながら、様々な想いを込めました。

 

 



 

2 コメント

2011年

8月

23日

アートコラム空 vol.5

     ー 風の詩 ー

若い時に絵描きになる決心をさせてくれたパリ。

60歳になって もう一度勉強しなおすつもりで訪れた。

 

情熱を取り戻したいと絵筆を握ったが、日本に染まりすぎた心が私を苦しめた。

パリの部屋は狭い。

街に出てもがきながら描き続け、少しずつ私なりのパリが近づいてきた。

 

都会の孤独感をその姿に映す男性。

いろんな国の人が暮らすパリにはさまざまな人生がある。

そんなパリに一年間住んで、気付いたこと。

多様性がある人たちに見てもらうには、その人たち全部が奥に持っている、共通のものに届く絵を描かないとダメだということ。

そのためには、もう一回、自分の描きたいことをちゃんと描こうと思った。

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2011年

7月

15日

アートコラム空 vol.4

  ー ふるさとの夏 ー

ふるさとの川で遊ぶ童を描きました。


花は凌霄花(ノウゼンカズラ)です。

この花を最初に見たのは唐津でした。

その燃えるような美しさに目を奪われました。
情熱的で鮮やか、まさに夏のイメージそのものです。

4 コメント

2011年

6月

13日

アートコラム空 vol.3

私とこの絵・・・今日の一枚・・・「紫の上」

ー 源氏物語 ー

私は自分の気持ちの赴くままに筆を動かしていくタイプだ。

しかし、源氏物語は完全な「静」の世界。

どう描いていいか考えると、胃が痛くなり、息苦しくなった。


追いつめられた私は源氏物語研究家、今は亡き青山フユさんを訪ねた。

朝から晩まで正座して、先生が読んでくださる原文をひたすら拝聴する。

その声は裏庭の竹林を渡る風のように神秘的だった。

そしていつしか私を千年前の世界へと運んでくれた。


幾度となく先生の元へ足を運び朗読を聴き、必死で筆を進めた。

実に苦しい作業だった。

しかしそのうち、源氏物語の奥底に流れる何かが、私に呼びかけてくれるような気配を感じた。

そして、かたくなに拒んでいた姫君たちが、御簾の奥から少しずつ語りかけてくれるような気がした。

 

1 コメント

2011年

5月

09日

アートコラム・空 vol.2

私とこの絵・・・今日の一枚・・・「雨宿り」

雨宿り

ー雨宿りー

いつの頃からだろうか、私は紫陽花が特に好きである。

雨の中、ひっそりと濡れて咲く紫陽花を見かけると

しばし一緒にたたずむ。

ときおり吹く風にたおやかに揺れ、微笑んで消え入るような色合いは、

わずかに残る母の面影に似ている。

 

思えば幼き頃、突然の雨に軒を借りた雨宿り。

そばにいつも紫陽花が咲いていて、

ゆらりと揺れたその花に、母の名を呼んだ気がする。

 

 

1 コメント

2011年

4月

11日

アートコラム・空 vol.1

私とこの絵・・・今日の一枚・・・「空」

ー空ー  

これまでの人生で乗り越えてきたさまざまな峠をイメージしました。

 

峠というのは、登っている時は、ずっと空に続いているような感じがあります。

でも、実際には厳しいもので、峠に着くと、また遥か向うに次の峠が。

生きるというのはそんなものなのでしょう。

 

峠の向うには夕焼け雲が広がっています。

朝焼けではなく夕焼けです。

朝焼けのあとには夜が来ます。

夕焼けのあとには明日が来ますから。

 

少女が見つめているのは明日。

そして、少女は私自身です。

 

ふるさととか母親とかという峠を、やっと越えられるかな・・

そう思いました。

 

0 コメント

AtelierUme Topics

   ア トピックス

 

◎少し特別な版画展開催

NEW!

6月21日(水)〜27日(火)

京都大丸

美術画廊

 

直筆原画と版画を展示販売します。

サイン会 6月25日(日)

◎病院ロビーに花童登場

NEW!

佐賀市日の出町の国立病院機構佐賀病院がリニューアルオープン。

近代的な高い天井のエントランスに「花童」が飾られています。

2700×1800の迫力の大きさ。

機会があればご覧下さい。

日本美術全集に掲載!

 

小学館 

日本美術全集  20巻

ー日本美術の現在・未来ー

        著・・山下裕二

 

「心音 地獄心音図」の中から、

大焦熱地獄・阿鼻地獄が見開きで掲載されています。

(第八章 3.11以後の美術 P.202)

 

第20巻は現代の日本美術の粋を集めた圧巻の編集となっています。

 

 

小学館 日本美術全集

全20巻 1巻 15,000円(税別)

ご購入ページは→こちら

 

別冊太陽 発売されました


平凡社から別冊太陽が発売されました。

美しく、迫力ある誌面になっています!

 

中島潔 

 いのちと風のものがたり

☆ 2015年4月22日発売

☆ 2,484円(税込み)

 

地獄心音図、清水寺奉納襖絵、そして最新の童画、故郷画が満載。

近況を取り上げた写真の数々も、臨場感あふれる製作の背景を伝えます。

単行本 発売!


絵描き 中島潔

    地獄絵 1000日」

 

  西所正道 著

  H&I 出版

 

☆ 2015年4月28日発売

☆ 1,944円(税込み)

 

地獄絵への道のりを伴走する感動のノンフィクション。

地獄心音図の構想が生まれ、育って行く日々を作者の鋭く温かい目で追って行きます。

 


「はあとの店」にて販売中

 

京都清水寺成就院奉納襖絵 

風の画家 中島潔が描く

「生命(いのち)の無常と輝き」展 図録

 

 

全国美術館等を巡回し、各地で好評を博した中島潔展覧会「京都清水寺成就院奉納襖絵 風の画家 中島潔が描く『生命(いのち)の無常と輝き』展」の展示作品を中心に収録した図録です。


 

 

 

 

 

中島潔

 

 

 

 

中島潔